ホーム

10代の薄毛に効く育毛剤

読了までの目安時間:約 3分

10代の薄毛の原因は男性型脱毛症です。

では、何をして、どんな育毛剤を使用すれば治るのでしょうか。

ですが、残念ながら現状では一般的な育毛剤で男性型脱毛症が治ると言う事はありません。

男性型脱毛症には、それに効く専用の服用薬が必要になってきます。

男性型脱毛症とはいわゆる病気と同じです。

ジヒドロテストステロンを抑止しない限り、治療には程遠いと言えます。

ですが現在ジヒドロテストステロンを直接抑止する方法は未開発です。

そこで、これをどうにか出来ないかと考えられたのが、ジヒドロテストステロンを作らせないことなのです。

つまり、ジヒドロテストステロンが生成される前段階で止めてしまおうと言う事なのです。

ジヒドロテストステロンが生成される前段階とは、男性ホルモンを抑制するか、5aリダクターゼの働きを阻害するかのどちらかを実行する事です。

それに有効な薬がプロペシアとフィナステリドです。

プロペシアは男性ホルモンの抑制に、フィナステリドは5aリダクターゼの働きを阻害するのに効果を発揮します。

基本的にはこの内のどちらかを使用すれば良いと言われています。

専門医に行きますと、大抵はこのどちらかが処方されます。

10代の人と一口に言っても幅がある事でしょう。

ですが、大抵は学生の方がほとんどだと思います。

ここに大きな壁が立ちはだかります。

それは費用的な問題です。

育毛剤は通常安くて4~5000円、高ければ15000円を超えます。

この金額は大学生でも定期的に遣うのは厳しいところでしょう。

それが高校生や中学生となると支払い能力は無いに等しいと言えるでしょう。

そこで、やはり10代の方は、男性型脱毛症について親御さんに話して進行型で放置しておくと手遅れになる事を理解してもらい、金銭的な援助を受ける事をおススメします。

その上で、育毛剤ではなく、専門医に通うなどしてプロペシアやフィナステリドを処方してもらう事が治療の早道と言えます。

これまでは、これらの薬は保険適用外でしたが、ごくごく稀に保険診療をしてくれる専門医もあります。

そう言った専門医を根気よく探して通院しましょう。

これらの薬はネットなどでも個人輸入代理店を通して購入する事が出来ますが、重大な副作用などもあり個人で購入する事はあまりおススメしません。

また、未成年の方は基本的に親御さんの同意がないと購入や使用が出来ない可能性もありますので注意しましょう。

また、育毛剤などは購入が厳しくても、育毛シャンプー等は比較的安価に購入出来るので試してみるのも良いかと思います。

 

10代で薄毛抜毛・・・人生終わりかも?何故10代でハゲる?

読了までの目安時間:約 3分

20代、30代でもショックが著しい薄毛抜毛。

これが10代で訪れたら・・・・。

そんな事は出来れば考えたくないものです。

しかし、不運にも10代にして既に薄毛抜毛に悩まされる人は決して少なくはありません。

必死に隠そうとしても、隠そうとすればするほど逆に目立ってしまうものです。

ですが、まさか自分が10代でハゲに悩むとは大抵の人が考えていませんので、情報も何もなくて、何から手を付ければ良いのか判らないと言うのが困ったところです。

10代での薄毛の悩みですから、周囲の人に相談するのも気が引けるものです。

また、同年代の人では同じく薄毛の情報を持っている人は極めて少ないでしょう。

しかし、10代であればパソコンやスマホで情報を収集することは容易いでしょう。

とは言え、今やハゲや薄毛の情報はネット上で溢れている上、中々10代を対象とした情報が少ないのも辛い部分です。

ハゲの原因と言えば、これまでは遺伝と相場が決まっていました。

親や、祖父母、親族にハゲがいる場合、その子孫がハゲる可能性が非常に高いと考えられていたのです。

ですが、育毛の研究が進み、どうやら遺伝は関係ないとまでは言えないまでも、主要な原因ではないと言う事が判ってきました。

では、ハゲの原因とは何でしょうか。

高齢の方は、若い人とは違い、加齢による原因が考えられます。

ですが、若年の人には基本的に1つ以外原因は考えられません。

その1つとはAGA、男性型脱毛症と言う病気です。

10代の人であっても、最近はAGAや男性型脱毛症と言う言葉は育毛剤や植毛関連のCMや広告で頻繁に見聞きする様になったのではないでしょうか。

つまり、それほどハゲの主要な原因として男性型脱毛症は無視できない病気と認識されている訳です。

では、男性型脱毛症とはどんなものなのでしょうか。

男性型脱毛症はその名が示す通り、男性ホルモンの過多や分泌異常から始まります。

男性ホルモンと体内に元々ある還元酵素5aリダクターゼが結び付きます。

すると強力な脱毛作用を持つジヒドロテストステロンと言うホルモンに変化します。

このジヒドロテストステロンが育毛のサイクルを乱し、脱毛のサイクルを早め、発毛のサイクルを遅くするのです。

これが起因となり、脱毛に発毛が追い付かなくなり、やがて薄毛になり、最終的には完全なハゲに至るのです。

男性型脱毛症の主な症状は前頭部、つまり生際と頭頂部から薄毛が始まると言うところです。

また、男性型脱毛症は進行性である為に、放置して治る事は基本的にないと思いましょう。

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報